スカイダイビング

iStock_000009332814_Small.jpg

特徴

スカイダイビングは、スピード感やスリルを楽しむレジャーでもありますが、落下中の身体コントロールやパラシュートの操縦のスキルを競うスカイスポーツでもあります。
飛び出した最初の数秒だけ落ちる感覚がありますが、その後は空気の上に乗っているまさに鳥のような感覚になれます。
この感覚はスカイダイビングでしか味わうことが出来ません!
恐怖を乗り越えて飛び込んだ先には、生まれ変わったような感動があなたを待っています。

始めやすさ

タンデムで2人用のパラシュートを装備したインストラクターと一緒に飛ぶ形であれば、特別な訓練を受けなくてもすぐに飛ぶことができます。
1人で飛べるようになるためには、講習を受けライセンスを取得する必要があります。
またダイビングスクールは一般的に40歳〜50歳までの年齢制限を設けており、それ以上の年齢の方は相談としているスクールが多いようです。
体力に自信があり心身ともに健康な方のみできるスポーツですので、自信がある方のみまずはスクールやクラブに連絡して相談してみましょう。
体に少しでも不安のある方は控えたほうがよいでしょう。

お友達の出来やすさ

飛ぶのは1人ですが、一緒に参加したメンバー、一緒の飛行機に乗り、一緒に空を飛んだ仲間とは不思議な連帯感が生まれます。
スカイダイビングという希少体験を共有できる仲間とは「吊り橋効果」で心の結びつきが強くなることがあるようですよ。

※吊り橋効果とは、1974年にカナダの心理学者であるダットンとアロンが提唱した「高所で揺れるつり橋を一緒に渡った男女は、そうでない男女に比べて、緊張や興奮が高まった時間を共有したことによって、恋愛感情を持ちやすくなる」という理論です。

年齢層

18歳〜40歳の年齢層が多いようです。
しかし心身ともに良好であれば、60歳以上の方でも挑戦ができます。

日本テレビの番組「世界の果てまでイッテQ」では、72歳のデヴィ婦人がスカイダイビングに挑戦する様子が紹介されました。年齢を増してからでも、若いときに経験できなかったことを経験したいという思いから、一大決心して申込する人もいるようです。

かかる費用

タンデムジャンプができるスカイダイビングクラブやスカイダイビングスクールで始めることができます。
関東・関西いずれにもそういったクラブがあるので、探してみるのが良いでしょう。

クラブやスクールで必要なものはすべて借りることができるので、始めるために新しく何かを購入する必要はありません。

国内での料金は
・1回のフライトで約3〜4万円
・ビデオ・写真撮影に約1〜2万円
で合計5〜6万円程度かかります。

練習場所

飛行場が近くにある場所となるため、首都圏というよりも少し郊外に行く必要があります。
近くの駅からの送迎がセットになっているプランを提供しているクラブもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です